女性の避妊について考える

女性にとって非常に重要なイベントに妊娠出産がありますが、時と場合によっては望まれない妊娠となる事があります。これは、性犯罪に巻き込まれたケースなどの特殊な例もありますが、多くの場合は適切な避妊行動がとれなかった場合に起きる問題です。
こういった事態に陥った場合、男女問わず考えることは出産するかどうするかという事です。現在日本では人工妊娠中絶件数が二十万件となっており、非常に多くの人がこの問題と向き合っています。そういった背景を考えると、本来避妊について深い知識を持つことが大切です。しかし、日本の教育現場ではこういった問題を防ぐための性教育が行われているとはいえません。使えない、必要のない知識ばかりが増えていき、本当に目を向けなければならない問題を見逃しているのが現実です。
実際避妊が失敗した際には、アフターピルの服用によって一日以内であればほぼ確実に避妊が行えます。また、コンドームの使用方法が適切にわかっていれば避妊の成功率はほぼ完璧とされていますが、そういった知識を学ぶのは高校生以降がほとんどとされます。初体験の年齢が少しずつ低下している現状を考えれば、実際の現場に則した教育でないという事は誰の目に見ても思うことではないでしょうか。
こういった知識を身につける事が本当に求められることですが、では安易にピルの使用を促せばいいかといえばそういう訳ではありません。ピルは非常に効果的な薬ですが、副作用も強く女性にとって非常に苦しいものとなります。避妊にはパートナー同士が力を合わせて行わなければなりませんが、苦しむのは女性です。だからこそ、男性にはパートナーを守る意味を考えて、しっかりこの問題と向き合う事が必要だといえるでしょう。

■避妊薬をお探しならこのサイト
薬 通販
■種類もさまざまです
避妊ピル