避妊と不妊は沸点が低い議論になる

避妊は妊娠を避けることであり、不妊は妊娠したくても子供を授かることができないことを指します。目指しているところの方向性が全く違い、そして双方に共通点があることから議論が起きれば沸点が低い不毛な言い争いになることもあります。妊娠を避けるという行為は、不妊治療をしている人にとって羨ましくもあり、妬むものにもなります。妊娠を望んでいる女性はもちろん避妊をしませんので、避妊をせずに望まない妊娠をして中絶する女性に対しての気持ちもわからなくはないです。双方が同じ議席に起つことで沸点の低い議論になってしまうことがあります。

不妊の種類にもいろいろあり、なかには性病によって不妊になる女性もいます。そのような事実を不妊に苦しんでいる人に一方的に決めつけ、不妊治療をしている人を傷つけることもあります。不妊治療をしている人は、他の人が思っている以上に苦しい感情を抱えておりおり、そして辛い治療が待ち受けています。容易な発言は沸点が低い議論になりますので、特に妊娠を望んで活動している女性に対しては、思いやりを想って接することが大切です。身内から心を痛める発言を受けることも多いです。ストレスも妊娠を妨げるものになりますので、妊娠を望んでいる人に思いやりを持って接するようにしましょう。

妊娠は何も女性だけの問題ではありません。パートナーである旦那さん、またそれを取り巻く社会の問題であります。不用意な発言で沸点が低い議論をするよりも、思いやりを持った発言、有意義な会話ができるような環境を身の回りで整えることも求められます。情緒的にならずに、その人に寄り添う発言を行い、少しでも住みやすい環境にできるよう皆が協力する姿勢を持ちましょう。